• HOME
  • クリスマスを1カ月楽しむアドベントキャンドル

クリスマスを1カ月楽しむアドベントキャンドル

クリスマスを1カ月楽しむアドベントキャンドルのすすめ
 

アドベントとは


クリスマスまでの時間を盛り上げ、あたたかい気持ちにさせてくれるのが「アドベントキャンドル」です。

「アドベント」とは、11月30日にいちばん近い日曜日からクリスマス前日までのこと。
欧米ではこの期間、広場に露店が並んだり室内のデコレーションを華やかにしたり。
クリスマスを心待ちにする光景が、あちこちで見られます。

アドベントキャンドルは、
手作りしたリースなどのアレンジメントにキャンドルを4本立て、
クリスマスまでの4週間、日曜日ごとに1本ずつ灯していく習慣。

はじめの日曜日は1本、次の週は2本と、あかりが増えてゆくことでクリスマスが近づいていることを実感します。
日曜日には「あと何日でクリスマス……」と数えながら、
家族で4本のアドベントキャンドルを囲み、かけがえのないひと時を送るのです。

「アレンジメントを楽しむ」「テーブルや窓辺に飾る」「家族でキャンドルのある食卓を囲んで団らんする」。
アドベントキャンドルは、クリスマスまでの1カ月を豊かに盛り上げてくれます。


2017年のアドベントは12月3日(日)から。
お好きなスタンドや吸水フォームを使って、キャンドルアレンジをお楽しみください。  

アドベントの4週間 ~クリスマスが近づく楽しみ~

1st Sunday

 

1st Sunday
アドベントの始まりです。
部屋を飾り、食卓の中央にアドベントキャンドルを準備します。
1本目のキャンドルを点灯します。つけるのは1本だけ!
 

2nd Sunday

 

2nd Sunday
2週目の日曜日、街もどんどん華やいでくる季節です。
1本目と2本目のキャンドルを灯します。先週より増えた灯火に気持ちが高まります。
 

2nd Sunday

 

3rd Sunday
3週目の日曜日。
1本目と2本目と3本目のキャンドルを灯します。
1本目はだいぶ短くなってきました。
ゆらめくあかりを囲んで団らんの時間を過ごしましょう。
 

2nd Sunday

 

4th Sunday
4週目の日曜日、
すべてのキャンドルに火が灯れば、いよいよ待ちに待ったクリスマス!
存分にクリスマスを楽しみましょう!
 

アドベントの楽しみ方

アドベントキャンドルは、手作りしたリースなどのアレンジメントにキャンドルを立てるのが一般的ですが、こだわらずあなたらしいコーディネートを考えてみてください。 例えば、とっても簡単に素敵に楽しむ方法は、キャンドルを4つ並べてみるだけ!ぜひお試しくださいね。

1.手作りアレンジで楽しむ

好きなお花など植物を吸水フォームに挿してアレンジしたり、マカロニや小物を飾ったり。
好みに飾りつけすれば、愛着もひとしお。
 

 

アドベントキャンドル

<例1>

ヒバ・ヒイラギ・ツゲに、松ぼっくりやヒメリンゴなどを使う
ナチュラルで本格的なリース。
少しずつドライになっていく過程を楽しんで。

 

アドベントキャンドル

<例2>

パスタやクッキーなど、家にあるキッチン材料を使ってリース状に。
子どもと一緒に作ってもGood

 

 

2.並べて楽しむ

キャンドルを4つ並べるだけで、簡単にアドベントを楽しめます。
 

 

アドベントキャンドル

<例1>

クリスタ「キューブ」Mと、コンテンポラリーのダークグリーンで。
周りにオーナメントを散りばめれば、あっという間にクリスマスっぽくなります。

 

アドベントキャンドル

<例2>

キャンドルグラス「ルミエラ」を4つ並べて。
テーブルに並べると華やか。

 

アドベントにおすすめのキャンドル

アドベントキャンドルの選び方

アドベントキャンドルの選び方のポイントは、<使いたい時間>と<燃焼時間>です。同じキャンドルを最大4回使いますから、燃焼時間を参考に考えてみてください。
コンテンポラリー
燃焼時間は約5時間です。1~3週目は1時間、4週目は2時間お使いください。
フローティングスティック&キャンドルグラス「ルミエラ」
フローティングスティックの燃焼時間は、約6.5時間です。1~3週目は1.5時間、4週目は2時間お使いください。
ナチュレシリーズ ・ ベストナチュレシリーズ
燃焼時間が約15時間以上あるので、 団らんで毎週たっぷり灯しても安心です。

アドベントにおすすめのキャンドル